このサイトについて

占星術の裏付けを用いて生まれ変わり(輪廻転生)を真面目に考えるサイトです。


管理者は元々アンチスピリチュアルでした。今も皆さまが安易にスピリチュアル系のセミナーに出かけたり、占い知識の裏付けのない霊視占い師のもとへ通うことに反対しています。

従って当サイト管理者自身がその種のビジネスを行い、皆さまを勧誘することはありません。

サイトでご紹介する書籍も管理者自身が読み、安全だと判断したものに限定しています。

ただしサイト内に自動で表示される広告や、ご紹介した書籍の販売ページの「お奨め」コーナー(例:amazon「この商品を買った人はこんな商品も買っています」)などに、管理者が意図しないものが表示されることがあります。

広告クリックや書籍を購入する際は、自己責任で十分にご注意ください。


当サイトの方針と著作権

宗教団体、思想団体とは一切関係ありません。

お守りグッズ、宝石類の販売や勧誘は一切致しません。

管理者に霊能力はありませんので他人の前世を霊視することはできません。占いは知識をご提供するものです。

★前世に関する話はPG12とします


著作権について

当サイトの解釈文は、古代からの解釈や鑑定経験をもとに管理者自身がオリジナルで書いたものです。文章の著作権は管理者にあります。ご自分の結果としてSNSなどへ引用(シェア)することは大歓迎です。

ただし著者名およびURLの記載を忘れずお願いします。その他、著作権法の要件をお守りください。

誹謗中傷目的など正当ではない転載、自分が書いたと嘘をついて転載する著作権侵害は罰せられます。


URL

メイン https://fo.kslabo.work/(ここ)

ミラー https://astrology.kslabo.work/


サイト管理者・著作権者プロフィール

吉野圭 Yoshino-Kei

退行催眠で前世記憶を得てから、自分の出生チャートに前世の生き方が刻まれていることを知りました。その後、他の方にも役立ててもらえるよう、占星術で前世を照合する方法を調べて公開しています。

詳細プロフィールは→プライベートブログへ。


筆者への連絡

筆者への連絡はお手数ですが→こちら(別URL)からお願い致します。説明をよくお読みいただき、ご同意のうえ送信ください。


輪廻転生について

管理者は、輪廻転生に関して宗教思想として押し付けるものではありません。事実の体験を情報としてお伝えするのみです。

皆様も、ご自分の宗教思想を管理者へ押し付けることのないようお願い致します。


本音。~このサイトを始めた理由、本当のところ~

私は長年、多くの方々から「自分も前世を知りたいのですがどうすればいいですか?」という問い合わせメールを頂いてきました。そのたび自分の経験を丁寧にお伝えしてきましたが、やはり前世を思い出せた方はいらっしゃいませんでした。

不満を覚えたその方々が次にどうするかというと、必ず『前世療法』や『スピリチュアル・霊感商法』などを看板に掲げたカウンセラーのもとへ駆け込んでしまわれます。

正当な商売をしているところがほとんどだと思いますが、なかにはカルト宗教が実態であるなど危険な場所がないとも言い切れません。よく調べもせずに訪問することは大変に危険です。

しかしそう諭しても聞く耳を持って頂けない……。

引き留められず苦々しい想いをしていた頃、宿曜占星術を知りこの占いの可能性に気付きました。

もし宿曜で前世を知ることが出来るならこれほど有益な占いはないでしょう。

“前世の記憶”を自分で見ることの出来る人は限られているが、宿曜占星術なら誰でも簡単に知ることが出来る。この占いを用いれば誰もがある程度は前世の生き方を推測出来るはずです。

危険な場所へ出向くことを思いとどまる方が少しでも増えるよう、この占いをご紹介することにしたものです。

お役に立てれば幸いです。(長く続けるために一部商用とし、広告掲載します。ご理解ご了承願います)


★時系列でよく勘違いされること:管理者は「星占いがなければ自分の前世を知ることができなかった」者ではなく、先に詳細な前世記憶がありホロスコープで確認しただけの者です。

〔時系列〕

1.退行催眠で前世らしきイメージを見てしまう

2.現実調査をしてそのイメージが実際あったことであり、自分の今の人生にも繋がっていることを知る(この時、魂と前世の実在を確信した)  

3.宿曜占星術や、出生ホロスコープに前世が表れていることに気付く

4.自分の情報を手掛かりとして逆算し、出生ホロスコープから前世を読む方法を分析

5.サイトを開設し、この情報を公にして他人の役に立てようと思う(サイトを運営しながら分析を続ける)

>>他、詳細な経緯 ※攻撃メールへ応答したもので少々辛口な記事です