第1ハウスのサイン全てが「基礎人格」という話

こちらでは更新が滞り、申し訳ありません。


プライベート絡みの話ですが、ネイタルホロスコープの分析法で気付いたことがあったのでこちらで記事を書いています。

 ⇒私が「よく泣く」理由。パーソナリティは第1ハウスのサイン全てであること(占星術の基本に戻る)


結局、古典占星術に戻ったという感じです。

古典では当たり前のことを言っているに過ぎないのですが、太陽中心の現代占星術では、「第1ハウスがその人を表す」ということ自体が馴染みのない考えかもしれません。


「太陽がその人の基本性格である」という思い込みからいったん離れて、客観的に考えていただければ幸いです。

お読みいただきありがとうございます。この記事を気に入っていただけたらクリックお願いします。⇒ランキング

吉野圭 -Yoshino Kei-

専業の占星術師ではありません。退行催眠で得た前世記憶をもとに、占星術で前世を照合する方法を調べています。詳しくは「このサイトについて」にて。著書は小説『我傍に立つ』『僕が見つけた前世』他 amazon出版中。