3 五行思想とは

古代五行占術トップ


五行思想とは

陰陽思想のさらに後、戦国時代(B.C.403年~)の鄒衍(すうえん)という人によって

「五行思想」

が理論づけられました。


五行思想とは、全てのものを五つの気に分けて「お互いの気がお互いの気を生んだり抑え付けたりする」と説く思想です。


これはよく西洋の四元素と混同され、「五つの元素」と説明されることがありますが誤りです。

西洋の元素とは全く別もの。

あくまでも五種類の「気」 です。

木・火・土・金・水は気を表す喩えに過ぎませんので、元素としてイメージすると誤ります。


一説によると、木・火・土・金・水の星に投影してこの思想が生まれたとされていますが、それも正しい説なのか定かではありません。

西洋占星術でイメージされるところの「木星」「火星」「土星」「金星」「水星」の解釈と五行の解釈は全く別ですから、これも混同しないように注意してください。



五行の相剋と相生

では、詳しくご説明します。


五行には、お互いが剋し・剋されるという「相剋(そうこく)」の考えがあります。

次に、お互いが生み・生み出されるという「相生(そうじょう)」の考えもあります。


「剋す」とは、倒され抑え付けられることです。剋す側が強く、剋される側が弱く従うことになります。上司と部下などの関係にたとえられます。


「生む」とは、その言葉通り力づけて助けを与えます。親子の関係に喩えられます。


下の図を見てください。

まず、円の矢印が「相生」。中の五芒星に見える直線が「相剋」です。

●木は火を生み、土を剋す

●火は土を生み、金を剋す

●土は金を生み、水を剋す

●金は水を生み、木を剋す

●水は木を生み、火を剋す

この関係は現実の物質で説明されることがあります。


たとえば相剋は次の通り。

●木は金属で切り倒されるから、「金は木を剋す」

●火は水で消されるから、「水は火を剋す」

●土は木に養分を奪われるから、「木は土を剋す」

●金は火で鎔かされるから、「火は金を剋す」

●水は土で堰きとめられるから、「土は水を剋す」


ただこのようにイメージにこだわるとどうしても元素と混同してしまいますので、なるべく現実の物質でイメージするのは避けて、上の図を暗記したほうが良いと思います。


あくまでも、五つの気があって・どれがどれを倒し(剋)・どれに助けられる(生)、ということを覚えるのが大切です。

お読みいただきありがとうございます。この記事を気に入っていただけたらクリックお願いします。⇒ランキング

吉野圭 -Yoshino Kei-

専業の占星術師ではありません。退行催眠で得た前世記憶をもとに、占星術で前世を照合する方法を調べています。詳しくは「このサイトについて」にて。著書は小説『我傍に立つ』『僕が見つけた前世』他 amazon出版中。