12星座の基本解釈【水瓶座】

最もオーソドックスな星座解釈をご紹介しています。

ページ下に「アセンダントの場合」「太陽の場合」ごとに見え方の違いを書きましたので、参考にしてください。

正しく性格鑑定する場合は度数ごとに分析する必要があります。


水瓶座の分類

風・男性宮・不動宮


水瓶座は風のエレメント(元素)に分類される星座です。

風のエレメントは知性的で論理的、クールな性質です。淡白な性質で暗さはありませんが、人間関係において相手の気持ちを読み取ること、自分の気持ちを表現することは苦手です。


水瓶座の性格

十一番目の星座である水瓶座のキーワードは、「物質からの遊離」です。


いつも現実から浮いているようなエキセントリックさを持つ水瓶座のテーマは、地上から解き放たれることです。山羊座で物質世界を支配したため満足しきって、「もう物はいいや」と地上から離れて宇宙へ向かう状態です。

水瓶座の口癖である「平等」とは物質世界から離れて初めて叶えられるもの。それはもはや思想としての「平等であるべきだ」という主張でさえなく、ただ本質的に「平等でしかあり得ない」ものです。


水瓶座は個性的で独創的、と言われますが、実はこのように個から離れたところで発想します。多くの人は人間社会のルールに従い、個から発した考えをもとに生きていますので、個を超えた視点から生まれる水瓶座の発想は逆説的に「個性的」で「変わっている」と見られるわけです。

さらに水瓶座は友愛の星座で、人との共感を求めます。それはインターネット通信に喩えられるような全体的な共感、個の所属が無いところでの共鳴・融和です。当然、地上の社会ルールはネット界で通用しません。だから水瓶座は縦社会など無視しますし、集団に合わせて行動することも苦手です。

水瓶座は単に宇宙原則に則った振る舞いをしているだけなのですが、「反逆精神から意図的に奇抜な行動をしている」と誤解されがちなのも不利なところです。

このような理由で周囲から浮きまくり、奇異・奇抜・変人・変態・電波…等々の罵詈雑言を浴びることでしょう。

何より一方的に自分の考えを告げ理解されなくても構わないといった態度は、独善的に見えること獅子座以上と思います。また不動宮ですので、一度決めたことは頑固に変えません。そのようなところも反感を買う原因となります。


とは言えマイペースな性格、他人から何を言われても構わず飄々と生きていけるのが水瓶座の特権ではないでしょうか。

あまり頑固に思いつめるとストレスになります。神経系は弱いので気を付けなければなりません。変人の誹りを称号と勘違いしつつ、気楽に生きていくのが本来のこの星座らしさとなります。


水瓶座の一般的なイメージ

上記も踏まえ、世間で語られている水瓶座の一般的なイメージを分かりやすくまとめてみました。


・何らかのジャンルで天才タイプ

・博愛主義者

・無意識的に公平

・こだわりなく淡白、冷たそう

・独創的、計画立案能力がある

・本質的に自由

・マイペース

・生まれつき変人

・奇抜な行動をしがち

・ルールは無視する

・集団行動が出来ない

・根はヒューマニスト、友愛至上主義


アセンダントの場合

アセンダント星座(上昇宮)の場合、このステレオタイプな解釈のイメージで見るのが正解です。よく観察すれば、何をするときにもその行動のバックグラウンドに水瓶座の個性を透かし見ることができるはずです。

無意識の癖であるため本人は自覚していないことがよくありますし、自覚している場合でも努力して隠していることがあります。特に社会人の場合は、職場で別の顔を持つことがほとんどです。

しかしプライベートな場など、ふと気を抜いた瞬間にこのアセンダント星座らしさが垣間見えるでしょう。

アセンダント星座はよく「第一印象」と言われますが、感性の鋭い人は初対面のコンマ数秒で本質を見抜いているものと思われます。その後印象が変わっても、付き合いが深くなりプライベートで会うようになると、「第一印象が正しかった」と知って驚くことはよくあります。


実際のアセンダント水瓶座生まれ

性根から「THE変人」です。無意識に変人なのであえて奇抜な振る舞いはしません。そのため表面的には常識人に見えますが、いつでも常識から飛躍する準備は出来ています。

公平で友好的、善良な人がほとんどです。前半生まれには気が短く世渡りのうまい人もいますが、概ね広い視野と異次元の発想を持ちます。実際、頭の良い人が多いので敵対は避けたほうが良いでしょう。



太陽の場合

太陽星座は行動として表れます。

太陽は自分自身ではなく、今世で「模範とする星座」のイメージです。今世でこの星座のように振る舞おう、という決意をもって生まれてきています。

たとえるなら学校や職場で与えられる「こう生きなければならない」という行動指標のようなものです。アセンダント星座と太陽星座が同じ人は本質のまま生きられますが、アセンダントから太陽が離れている人は苦労するでしょう。


太陽が水瓶座にある人は、広い視野で生きることを課題として生まれてきています。人間社会のルールに囚われないようにしてください。既成概念を越えた発想が人生目標を達成させます。太陽がうまく発揮されたなら、独自のアイディアを持つ人材として重宝されます。

うまく発揮できない時は視野が狭くなり博愛精神を持つことができないでしょう。狭い社会の囚われを脱することが必要です。

逆に水瓶座の身に付け方を間違うと、わざと奇抜な振る舞いをしたり、理屈っぽくなり過ぎることがあります。水瓶座らしさの演技が上滑りしてしまうようなら、本来の自分を少し表に出してください。無理は禁物です。


月の場合

月は慣れた振る舞いです。月が水瓶座にある人は、前世で革新的に生きたのでしょう。

月は幼少期の行動パターンであり、自覚することの出来る内面ですから、「月星座こそが自分の根本個性だ」と勘違いすることがあります。また、月星座らしく生きることを「正しいこと」と信じている人も多いはずです。

しかし月は永く変わらない個性ではないので、この個性にしがみつく必要はありません。いずれ変わるものだと思ってください。


月星座に表れる性格は、宿曜占星術のほうが詳細で的確です。星座とあわせてご自分の宿を読んでみてください。

お読みいただきありがとうございます。この記事を気に入っていただけたらクリックお願いします。⇒ランキング

吉野圭 -Yoshino Kei-

専業の占星術師ではありません。退行催眠で得た前世記憶をもとに、占星術で前世を照合する方法を調べています。詳しくは「このサイトについて」にて。著書は小説『我傍に立つ』『僕が見つけた前世』他 amazon出版中。