筆者ホロスコープ

このホロスコープ情報は、前世照合のため皆さまのお役に立つようご提供するものです。

誹謗中傷に使うなど悪用することを禁じます。


筆者が記憶している一つ前の前世: 戦略家、補佐役

筆者の出生チャートより、前世を投影しているらしい感受点:

 ・月 水瓶座24度

 ・ASC 水瓶座14度

 ・MC 射手座2度

 ・海王星 射手座4度

 ・土星 蟹座1度

 ・AVt 魚座9度

※出生チャート画像は筆者の→プライベートブログにあります(創作ブログのため、閲覧は小説読者様限定)



サビアンシンボルに表れた前世

サビアンシンボルには、前世そのままの反映と思えるシンボルがいくつも表れています。

私は特に前世の影響が強いホロスコープのようで、下記の通りの「前世の表れ」がありました。

(訳文は松村潔のサビアンシンボル辞典より引用)

なお、サビアンシンボルは一度足しで読みます。


*月 水瓶座25度『右の羽がより完全に形成されている蝶』

 冷静に物事に当たることを表すシンボルです。前世を表すシンボルとして、的中しています。私は前世で作戦家という職業柄、感情に流されず思考だけで公平に物事の処理に当たる必要がありました。ただし、単に「理性的」であることを要求される職業なら作戦家も医師も研究者も当てはまりますので、超能力でもなければこのシンボルだけからは具体的に職業までは推測できません。

 ところが宿曜占星(27宿)で占うと筆者は「壁宿」となり、これは代表的な「参謀(補佐役のこと)」の宿です。前世の生き方や性格も壁宿の通り。月そのものより宿が驚異的な正確さで前世を表わしていると言えます。


*ASC 水瓶座15度『フェンスにとまる二羽のラブバード』:

 二元論に囚われない俯瞰思考で公平な視野を持つ、司令塔的な立場に向くというシンボル。その通り、前世ではまさに「司令塔的立場」でした。(追記/ちなみにこの度数は、ツインソウルにも喩えられる生涯のパートナーを得るシンボルです。その通りに前世では「魂の伴侶」と思えるほど深い絆を感じた主人を得ました)


*MC 射手座3度『チェスをする2人の男』:

 松村潔の書籍によれば、射手座の前半は戦争に関わるシンボルです。特にゲーム的な字義通りの戦争。この度数では、生々しい戦場には出ずに思考だけの戦争作戦によって作戦能力が磨かれます。内勤にて戦略を作成していた前世の職務そのままを表しています。


*(カルミネート)海王星 射手座5度『木の高いところにいる老いたフクロウ』:

 同じく射手座前半5度までは戦争に関わります。この度数は老熟した高度な作戦能力を表します。稀に哲学を表すこともあります。(筆者の前々世はアテナイにて哲学に縁を持った。このシンボルを「ミネルヴァの梟」と解釈してくださった方もいます。感謝。/ただ「ミネルヴァ」も智恵の神であるとともに軍神ではあります)


*土星 蟹座2度『広く平らな場所の上につるされた男』:

 これは俯瞰思考を意味するシンボルですが、その前に明らかにタロットの『吊られた男』を表しています。智慧を求めて逆さづりになった男オーディン、「軍神」のことです。


*AVt 魚座10度『雲の上の飛行家』、Vt乙女座10度『影の向こうを覗く2つの頭』:

 エリート的な生き方を意味するシンボルで、非常に思考力の高い人と見なされます(AVt=他人から押し付けられるイメージ)。しかし本来の能力を越えるイメージを周囲から押し付けられることによって、自己が分裂したかのような苦しみを味わいます(Vt=イメージを押し付けられた結果の反応)。これは前世の苦悩の通りです。


アスペクト等

ホロスコープを見ると、目につくのがMCと海王星の合。

強い意味合いを持つ海王星カルミネートです。

海王星とMCの合は占星術の教科書的に占えば、「本人の人生目標が定まらない」とします。ただこう決めつけてしまうと解釈が狭過ぎますので、各感受点を直訳して「社会的立場が空想の影響を受ける」と読みます。これは確かに本人の空想で目標が定まらないという意味にもなり得るのですが、状況により「他人の空想の影響を受ける」、すなわち「空想的・神話的人物としての社会的役割を押し付けられる」と読み解ける場合もあります。

私の場合は、前世で神秘的人物としてのイメージを押し付けられたことと合致します。


余談

MC-カルミネート惑星は今世ホロスコープの頂点にありますから、もちろん通常は前世を表すと考えるべき感受点ではありません。

ただ私の場合は前世その時点よりも、死後のほうが「空想的・神話的人物としての社会的役割」の扱いが増していったようです。そのことは今世で初めて知ることになりました。つまり、前世の結果を今世の出来事として受け取ったと言えます。このため今世のMC-カルミネートに表れているのではないかと推測されます。


さらに目に留まるのは、上下に重なる多重YOD。

(オーブ広めの場合)

YODは逃れられない宿命を表し、激しい苦悩を表すこともありますが、何らかの天才的資質を与えることでも有名です。イチローなどもこの角度を持っています。

さほどめずらしい角度ではないので、この角度を出生ホロスコープに持つことを掲示板等で自慢している人たちはどうかと思いますが、YODが一つでもあると強烈な破壊力があり苦悩することは事実です。 私の場合は、前世で「能力もないのに天才扱いされた」という苦悩を表していると考えられます。(あくまでも事実としての苦悩を表わしているのみで、現状において自分が天才だと言っているわけではありません)


ドラゴンヘッド/テイル(月ノード)占いについて

最近流行の『ドラゴンヘッド/テイル(月ノード)前世占い』は、本当に前世を占うことが可能なのでしょうか?

私は自分自身を占って検証してみたのですが、下記の通りの結果となりました。


あなたは前世で貴族的な家系に生まれ、家からの恩恵を受けて育ちました。あなた自身も自分の家柄を誇りに思っていて家にどっぷりはまり、その血筋を守るべく生きました。家からの恩恵が多大だったため自分自身で努力する力が弱いのが欠点。改善していきましょう。(要旨)


率直に言って、当たっていませんでした。

私の前世はこれとは真逆です。確かに貴族的な家系(名家)に生まれたのですが、若いうちに家とは決別しています。また、その後の人生も家系とは何ら関わりのないものでした。 家から受けた恩恵は無きに等しく、乱世でもあったことから私は自分自身で努力するしかなかったのです。助けてくれたのは上司たち、他人ばかりです。

(貴族的家系つまり「名家」に生まれたが家系からの援助は一切なかった、という点は今世の私と完全に同じ。「貴族的」とのワードだけで前世記憶を否定する人は多いのですが、現世に続く現実まで否定されるのは困ります)

ただし、正確に正反対の人生であったので、はずれたとは言えノードが何らかの形で前世を表していることは確かのようです。


★その後の分析で、西洋占星術でのドラゴンヘッド解釈は誤りであり、ヘッドとテイルの解釈は完全に逆であると分かりました。解釈の方向性は誤っていましたが、月ノードが過去世に関わるという推測は間違っていなかったことになります。

参考記事 ドラゴンヘッドを読む(2) 西洋占星術のテイルとヘッドの時間進行は、「逆」である


ちなみにサビアンシンボルで著者の月ノードを読みますと、一つ前の前世ではなく、他の過去生を表していたことが分かります。

どうやら月ノードは、今世に対応する過去生――つまり今世で解消すべきカルマ――を意味しているようです。

ドラゴンヘッド/テイルが「直前の前世を表す」という単純な占い手法は誤っているのだとしても、「過去生と関わりがある」という想像は正しかったようです。

従って、このように結論付けられます。

 一つ前の前世は月そのものの感受点。

 今世と対応する過去のカルマはドラゴンヘッド/ノードを読むべし、と。

もちろん、一つ前の前世=今世と対応するカルマである場合も多いでしょう。

一つ前の前世を知ることよりも、今世で解消するカルマを知ったほうが有益でしょうから、「ドラゴンヘッド/テイル占い」をありがたがるのも悪くないと言えます。

(ただ上に書いたように、有名な書籍では解釈が反転していますから注意してください)


また、ドラゴンヘッドまたはテイルに困難アスペクトがいくつもある人の場合は、確かに前世で傷付いた経験があるようです。

その傷は現世にも影響をもたらしており、まさに「前世からの因縁」と見える病・事故などの出来事を惹き起こすと考えられます。

お読みいただきありがとうございます。この記事を気に入っていただけたらクリックお願いします。⇒ランキング

吉野圭 -Yoshino Kei-

専業の占星術師ではありません。退行催眠で得た前世記憶をもとに、占星術で前世を照合する方法を調べています。詳しくは「このサイトについて」にて。著書は小説『我傍に立つ』『僕が見つけた前世』他 amazon出版中。