【箕宿】新大陸の政治リーダー

きしゅく/和名:み

前世の人物像「新大陸の政治リーダー」


この占いについて解説・目次


前世のあなた

前世のあなたは自由のために生きた人でした。

たとえば独立戦争を戦い新しく誕生した国にて、初めての選挙で選ばれた政治家。差別を跳ね除けて社会に出た、フェミニズムの旗を掲げる女性闘士など。

そのように、抑圧と戦って自由を勝ち得た後、新しい世界のリーダーとなり人々を率いた人生だったでしょう。

希望という星に向けて放たれた一本の矢のように真っ直ぐ突き進む人でした。

不撓不屈の精神でどのような困難にも屈せず、自由を勝ち取っています。

新しくなった社会制度のもとでは自ら積極的に立候補してリーダーの地位に就いたはずです。希望に溢れて嬉々として責務を引き受けている姿が目に浮かびます。

あなたの前世に抑圧と闘った“革命者”特有の暗さはありません。

あっけらかんとした、自由な社会に相応しい明るさに輝いています。

たぶん、独立戦争や革命も後期の頃に参加されたのだと思います。それだけに少々思慮深さに欠けた未熟さが見受けられます。リーダーの地位に就かれた時も、まだとても若い頃だったのではないでしょうか。

ともかく真っ直ぐ突き進むことだけを信条として、脇目も振らず目標へ向かっています。

酸いも甘いも知る百戦錬磨の大人たちがあなたを潰そうと襲いかかってきましたが、未熟さにもめげず、ただ負けず嫌いだけを武器として戦いました。

残念ながら若いあなたは実力不足により政敵に打ち破れてしまった可能性が高いです。

それでも思うまま生きたあなたに後悔はなかったはずです。


今世の幼少期~青年期

魂は前世で過ごした人生を今世でも引きずります。

これはボールが転がる様子と似ています。一度加えられたある力の作用は、他の力が加えられない限りそのままボールの転がる軌道に影響を与え続けます。魂も同じで、前世で得た生き方の作用は今世に伝わります。このため魂は直前の過去世で過ごした人生と、どこかしら共通する境遇や性格に生まれるのです。(注意:財力や家族の人数など、全てが完全に同じまま生まれ変わるという意味ではありません。変わらないのは特に、性格です)

このような魂の軌道を変えるためには、生きているうちに行動して別の力の作用を加えることがどうしても必要です。死ぬだけで劇的に性格が変化すること、つまり「別人に生まれ変わる」ことは決してありません。


~ここから下は前世の晩年が、今世の前半に最も自然に影響している場合を例として書きます。人によって前世の影響の表れ方は違いますし、指導霊のアドバイスで大きく環境を変えることもあります。また、前世で計画されていた課題を全うせずに亡くなった方の場合は、前世と同じテーマを始めから生き直すことになります。今の自分がどのような状態で生まれたかを知るためには、ホロスコープ(出生チャート)を詳細に読む必要があります。詳しくは、コラムで書きます。~


箕宿の子はクラスの中でも目立つ存在になりたがる傾向があるようです。

たとえば学級委員長になるとか、文化祭などで段取りを仕切るとか。

皆から推薦されて自然にその役に押し上げられると言うよりは、自ら立候補して選挙活動も積極的にするほうです。

このため「自己顕示欲が強い」などと言われてしまうことがあります。

あまり周りの状況を判断して行動することはない、いわゆる“空気を読む”ことは苦手なようです。現代日本の子供社会では前へ出よう出ようとばかりする子は、「ウザい」と嫌われる場合もあるかと思います。

ですが、その果敢に前へ出ようとする意欲こそがあなたの魅力であり、最大の力であることは間違いありません。たとえくだらない苛めに遭おうとも、目標へ向かうことは決して悪いことではないので自分を否定する必要はないでしょう。


この宿も【尾宿】と同様に「狩人の星」とされます。執念深く追うのではなく正々堂々と獲物を追うタイプです。ですから目標へ向かって突き進むわけです。

目標を追うために自由の身でいたいと思うはずですから、会社勤めや公務員は適さないようです。いずれはフリーランスとして独立する方向で研鑽すると良いでしょう。

マスコミ関係やライター、商売も向いています。

遠方で成功するという暗示もあることから、海外へ行くのも良いかもしれません。

恋愛において海外の人と縁があることも多いようです。


目標だけ見つめ過ぎて見境がなくなることには要注意です。

欲しい物を手に入れたくて仕方がなくなり、手段を選ばなくなってしまうことは間違っています。

他人の足を引っ張ってまで自分が優位に立とうとするようになった場合、自戒してください。

自分だけ上に行けたならそれでいい、というのは勘違いです。他人を自分の目標のためだけに利用出来る道具と思い始めたなら、周囲の信頼はゼロとなり人生は良くない方向に動き始めます。

「目標=欲望」と、目指すものの方向性を誤ってしまった時は、暴力に走ったり性欲や酒に溺れたりすることさえあるようです。このため経典ではこの宿を「悪」と辛辣に書いているとのこと。「慎むべし」、です。


今世をどう生きるべきか

来世のあなたの宿はまだ定まっていません。

今世の生き方によって来世も再び今と同じ宿になるか、それとも全く別の宿になるかが決まります。

来世を選ぶのは今世のあなた自身です。


箕宿の人はまず、目標をよく見極めなければなりません。

矢を放つ前に、的をどれにすべきか深く考えて判断しなければならないということです。

深く考えることは苦手なのだとしたら、周りの人に相談してもいいのではないでしょうか。


一度放たれた矢を方向転換することは出来ません。間違った物を射ては大損害です。

前世のことを考えてください。

あなたの出世欲は自分一人のためだけではなかったはずです。

放たれた矢は的が見えなくなってしまった時、「どこかへ向かわなければならない」というエネルギーだけが残骸として残ります。生まれ変わった今のあなたはそういう状態だと思います。

どうかそのエネルギーを善き方向へ活かしてください。

あなたの明るさ、前向きな力は今の社会に必要です。


原典引用

『此の宿に生まれし人、江山を遊び渉り、利潤を経営し、人の為に辛苦に耐ゆ。淫婦を娶りて病多く、酒を愛す。大人を恐れず我意強きため目上に憎まる事あり。大酒大食すれば身を破り、人を害めるあり、慎むべし。』

出典「文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶時日善悪宿曜経」

秘伝 密教宿曜占星術 (エルブックスシリーズ)より再引用


ご注意

この占いは簡易版であり、このページで表現した「前世」の内容は大まかなイメージです。あなたの前世が完全にこの通りであると思い込み過ぎる必要はありません。ご自分の魂の軌跡について、もう少し詳しく知りたい方は「コラム」へ。


宿曜前世占いトップ

お読みいただきありがとうございます。この記事を気に入っていただけたらクリックお願いします。⇒ランキング

吉野圭 -Yoshino Kei-

専業の占星術師ではありません。退行催眠で得た前世記憶をもとに、占星術で前世を照合する方法を調べています。詳しくは「このサイトについて」にて。著書は小説『我傍に立つ』『僕が見つけた前世』他 amazon出版中。