【角宿】自由奔放な吟遊詩人

かくしゅく/和名:す

前世の人物像「自由奔放な吟遊詩人」


この占いについて 解説・目次


前世のあなた

前世のあなたは人生を楽しみ味わい尽くしたでしょう。

多芸多才で、一つの職業にこだわらず様々な楽しみを見つけた人です。芸術家や冒険家、各地を回った吟遊詩人や商人など多くの可能性が浮かびます。一つの人生で一つの職業に就いて終わったわけではないかもしれません。何にしてもお堅い職業ではなく、人付き合いを含めて楽しんでいけるような自由な仕事を選んだはずです。

女性の場合はさらに社交的で庶民的でした。料理が得意で近所付き合いも旺盛な、気さくなお母さんだったことでしょう。


幼少期は貧しくて苦労したこともあったのですが、乗り越えて成長しています。苦労を乗り越えたからこそ人生を楽しもうとして好きなことに打ち込んだのだろうと思います。

自由な生き方を選択出来たということは、それだけ精神が強靭で意志が強かったということでもあります。

お気楽な外見からは想像もつかないほど根は頑固な人でもありました。

その強さによって成功し、冨を得たことも充分に考えられます。温かみのある人格から多くの友も得ることが出来ました。豊かで満ち足りており、多くの人に囲まれた楽しい暮らしだったはずです。


ところが中年期以降、不意にもっと自由な生き方をしたくなり家を飛び出してしまいました。

同じ土地に縛られることに嫌気が差して人生をクリアしたくなったのかもしれませんし、もしかしたら他の異性を好きになって一緒に逃げてしまったのかもしれません。

「お気楽・無責任」という生き方ですが、本人はとても楽しい人生だったと思います。


今世の幼少期~青年期

魂は前世で過ごした人生を今世でも引きずります。

これはボールが転がる様子と似ています。一度加えられたある力の作用は、他の力が加えられない限りそのままボールの転がる軌道に影響を与え続けます。魂も同じで、前世で得た生き方の作用は今世に伝わります。このため魂は直前の過去世で過ごした人生と、どこかしら共通する境遇や性格に生まれるのです。(注意:財力や家族の人数など、全てが完全に同じまま生まれ変わるという意味ではありません。変わらないのは特に、性格です)

このような魂の軌道を変えるためには、生きているうちに行動して別の力の作用を加えることがどうしても必要です。死ぬだけで劇的に性格が変化すること、つまり「別人に生まれ変わる」ことは決してありません。


~ここから下は前世の晩年が、今世の前半に最も自然に影響している場合を例として書きます。人によって前世の影響の表れ方は違いますし、指導霊のアドバイスで大きく環境を変えることもあります。また、前世で計画されていた課題を全うせずに亡くなった方の場合は、前世と同じテーマを始めから生き直すことになります。今の自分がどのような状態で生まれたかを知るためには、ホロスコープ(出生チャート)を詳細に読む必要があります。詳しくは、コラムで書きます。~


角宿の子は頭の回転が速く、器用です。

カンが良いのでしょう、何でもすぐこなしてしまいます。そのわりに飽きっぽいという、いわゆる器用貧乏。

一つの物事に夢中になると強靭なる精神をもって究めてしまうのに、究めたとたん急に目標を転換して「他を目指す」と宣言します。変わり身の速さに周りは呆然唖然、ついていけません。

あれほど打ち込んでいたのにあっさり棄てて方向転換する理由が周りには分からないのです。あなたにとっては単に「飽きた」というだけでも充分に辞める理由となるのですが、普通の人の理解は及びません。

「何がやりたいのか分からない」、「無責任な人」と悪口を言われてしまうこともあります。


実務的な勘がよくはたらき、数字にも強いとありますので小規模でしたら起業にも向くと思います。

デザインや企画に携わるのも吉です。いずれにしろ高望みや精神性の高さを追及しても失敗に終わります。庶民的で地道な仕事を選べばうまく生きられるでしょう。

気さくな性格のため友人は多く、仕事もうまくこなすので社会生活において困ることは少ないはずです。

ですが大人になってからも飽きっぽい癖が直らずにいると、不意に会社を辞めてしまい放浪の旅に出てしまう、などということを繰り返しかねません。

特に生活が安定すればするほどその傾向が強くなるようです。

人生をいったんクリアしたくなったら注意が必要です。


また嫉妬心の強いところも思わぬ災難を起こしがちです。

特に恋愛では注意してください。自分は「自由第一」のわりに恋人は独占したがる人です。

熱い嫉妬が燃え上がり相手を“刺す”、毒のある言葉などで鋭く責めてしまうこともあり得ます。

あるいは逆に、結婚しているにも関わらず道ならぬ恋に燃え上がってしまうかもしれません。くれぐれも内心の情熱には気を付けたほうが身のためです。


今世をどう生きるべきか

来世のあなたの宿はまだ定まっていません。

今世の生き方によって来世も再び今と同じ宿になるか、それとも全く別の宿になるかが決まります。

来世を選ぶのは今世のあなた自身です。


角宿の人はまず生活が安定してくると投げ出したくなる衝動を抑えるべきでしょう。

人生は楽しむためにあるもの。命は味わい尽くすためにある。それは正しいし、自由に生きることは良いことです。人間らしい生き方とも思います。自由に生きられず苦しんでいる人たちは、あなたの態度を見習うべきでしょう。

だけどもし周りの人を翻弄して困らせてしまうようなら、どこか間違った自由なのだと言わざるを得ません。

本当の自由とは一方的なものではないはずです。お互いに自由であることを尊重し合い、譲歩し合って、お互いほんの少しの不自由を味わうもの。そうすればもっと深い付き合いが出来て一人の人と長く幸せに生きることが出来るのではないでしょうか。


それから、今世ではぜひ長く道を究めてください。

せっかく能力があるのに、若いうちに見切りをつけて放り出してしまうのではもったいない。

どんな道でも奥深いものです。たとえ金メダルや各界の賞を取り、トップに立てたとしてもそこが到達点というわけではないと思います。「これからその世界の深みに行くかも」と期待されている時に他の道に転身しては、皆がっかりします。

皆、あなたの能力を認めて憧れ期待しているのです。

“二足のわらじ”でも構いません。ただ放り出さないこと、辞めないことです。

性格の多面性をもうまく使いこなし、才能を活かしていけたなら更なる飛躍が可能かと思います。


原典引用

『此の宿に生まれし人、経綸を善くし、六畜を豊かにし、所作事多し。手巧所作、人情に叶うも小器なる量の人なり。子供は男で三人あり。性は剛情にして巧みあり。病難、水難を用心すべし。運命最上とは云い難きも和善宿にて物事都合よき人なり。』

出典「文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶時日善悪宿曜経」

秘伝 密教宿曜占星術 (エルブックスシリーズ)より再引用


注意書き

この占いは簡易版です。このページで表現した「前世」の内容は大まかなイメージですから、あなたの前世が完全にこの通りだと思い込み過ぎる必要はありません。ご自分の魂の軌跡について、もう少し詳しく知りたい方は「コラム」へ。


宿曜前世占いトップ

お読みいただきありがとうございます。この記事を気に入っていただけたらクリックお願いします。⇒ランキング

吉野圭 -Yoshino Kei-

専業の占星術師ではありません。退行催眠で得た前世記憶をもとに、占星術で前世を照合する方法を調べています。詳しくは「このサイトについて」にて。著書は小説『我傍に立つ』『僕が見つけた前世』他 amazon出版中。